×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

文芸社(ぶんげいしゃ)は、日本の出版社。たま出版の関連会社である。

島倉千代子、丸太たぼ吉、阿藤快、辰巳琢郎といった芸能人や、西村京太郎、立松和平、村松友視、吉本隆明、志茂田景樹などの作家の作品を発行しているが、最大の特徴は、無名の作家の書籍の発行・販売も積極的に行っていることである。

アマチュアから作家への登竜門
随時一般からの原稿を募集しているが、その応募数は月に1000作品を超える。その中から審査を行い、書店配本可能な全国出版の提案や特別企画書籍などの企画出版を提案してる。ただし、作品の内容が相応しくないと判断された場合、出版を断られるケースもあるので、全てが可能という訳ではない。また、特別企画書籍は個性的な作品を対象としており、月に2・3作品と狭き門である。出版審査通過作品には、全国の書店で置かれる商業出版の道がある。それは初版の製作費を著者が負担する自費出版といえるが、確実に契約書店で陳列される。契約書店は大手書店が殆どである。著者の負担金については「著作者保護制度」という信託財産システムを導入し、出版社が不測の事態に陥った際でも負担金が保証される配慮をしている。出版物は無名の作家が大半を占めるので、ベストセラーがでる可能性は極めて少ないが、若手の作家として山田悠介、神永学、中園直樹、秋山香乃などがヒット。文芸作品が主要と見られがちであるが、実際は幅広いジャンルを取り扱っている。

自費出版にも似たこのシステムには賛否両論の声もあるが、無名の作家が本を全国出版でき、世の中に名前を出すことで作家という肩書きを得られることや、自信の持てる才能を発揮できるという利点がある。近年、活字離れが続き、部数が伸び悩む出版業界の流もあって、幅広いジャンルや多彩な才能を世に送り出すことは課題であり、文芸社のこのシステムは、誰にでも作家になれるチャンスや、チャレンジできる場を提供しているともいえる。

テレビドラマプロジェクト
また、テレビ局との共同企画として、出版された作品の中から定期的にテレビドラマ化している。 2002年からはテレビ朝日系列にて年1回、正月ドラマスペシャルとしてテレビドラマを放映している。

2007年「母とママと私」(出演:岸恵子・夏川結衣・吉行和子)
2006年「ブレスト〜女子高生10億円の賭け!〜」(出演:佐藤藍子・多部未華子・小林涼子・佐津川愛美・山田純大・益岡徹 主題歌:Salyu「風に乗る船」)
2005年「おばあさんの反乱」(出演:磯野貴理・伊藤蘭)
2004年「マグロ☆ボーイズ」(出演:えなりかずき・小林稔侍)
2003年「OLが行く!」(出演:瀬戸朝香・いしだあゆみ)
2002年「神戸発、尾道まで」(出演:生瀬勝久・南果歩)
単発企画でも2005年「ずっと逢いたかった」(出演:松本幸四郎)がある。

ウィキペディアより



[PR]自費出版 新風舎の自費出版 絵本の自費出版 写真集の自費出版